【本音5選】社会福祉士が福祉職公務員になると辛い?【実体験】

福祉職公務員
悩める社福士
  • 社会福祉士が福祉職公務員になった人の実体(本音)を知りたい
  • 公務員になって良かった?辛い部分があったら知りたい

どの仕事もそうですが仕事内容や辛さって実際に体験して意味ないと分からないです。

「公務員の仕事」だけのくくりだと、いろいろ情報がありますが、社会福祉士が公務員になった方の本音の体験談ってほとんど無いです。

今回は介護職から30代で公務員になった私が本音で実際のところをお伝えします。

社会福祉士を活かし公務員を考えている方は参考になると思いますので是非ご覧ください。

今回の記事は私の主観が大いに入っていますのでご注意ください。

また、自治体や配属先で環境は大きく違う点も注意していただきたいです。

この記事の筆者について

みち

新卒でメーカー営業を2年するも挫折、紆余曲折あり福祉施設に8年勤めました。その間社会福祉士を働きながら取得しています。

その後、30代で地方公務員に資格枠(社会福祉士)で採用され今日に至ります。後に精神保健福祉士の資格も取得しています。

現在はWEBライターをしており、情報を発信しています。

実体験を交えながら有益な情報を伝えていきます。

この記事は3分程で読めるようまとめています。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

【結論】「公務員」は合う・合わないがハッキリしている。自分はどちらか見極めよう

  • 本音①年功序列が色濃く残っている。能力ではなく勤続年数が優先される
  • 本音②定時上りは幻想。急な対応に追われることがある
  • 本音③仕事内容を選べない。数年での異動をよしとできるかがポイント
  • 本音④行政制度など多くの学びがあり、日々経験を積んでいる実感がある。「公務」をやりがいと捉えられるかが大切
  • 本音⑤給料は残業代もありトータルで増える
  • 私は公務員を辞めた。「公務員」は合う・合わないがハッキリしており、自分はどちらか見極めよう

具体的に説明していきます

本音①年功序列が色濃く残っている。能力ではなく勤続年数が優先される

福祉職公務員
それぞれの能力ではなく年功序列の仕組みが色濃く残ってる

この点は公務員の仕事を初めて最初に感じました。

公務員に基本的にクビはありません。なので勤続年数が長い方が多いです。

今の職場にもいませんか?
勤続年数は長い=偉い」と勘違いし、高圧的な態度な人っていませんか?どこの職場にも一人以上いるのではないでしょうか。

公務員の職場にそういう印象の方が多いです。勤めている年数が長いと役職も就いてきますから尚更です。

入る前に心の準備をしておく必要があります。

michi
昔の日本的風土が残っており、個人的には好きではありません。このような風土が変わっていくのはまだまだ時間がかかると思います。

本音②定時上りは幻想。急な対応に追われることもある

福祉職公務員
公務員って定時で帰れるんじゃないの〜

公務員は配属される課によって仕事内容は大きく変わります。

  • 比較的定時帰りできる課

もあれば

  • 日付が変わるまで残って残業する課

もあります。

さて、社会福祉士で採用で地方公務員に採用された場合、福祉系の課に配属されることになります。

これは間違いないでしょう。

 その福祉課ですが、残業が多い課が多いです。

突発的な対応に追われることや外部の人とのやりとりがどうしても多くなるので、日中はそういった対応に追われることになることが多いです。

定時後、日中出来なかった通常の業務をこなす、というパターンはけっこうあります。

これは福祉職として採用された場合は覚悟しておく必要があります。

michi
時々「あの課は早く帰れていいな」なんて感じながら残っていました。

本音③仕事内容を選べない。数年での異動をよしとできるかがポイント

この内容は配属内容によって違います
福祉職公務員
ずっと同じ課に働くことはできないんだ

私は市町村の地方公務員として採用されて、その実体験からです。

採用試験の面接時、前職が障害支援をしていた為、希望配属先に「障がい福祉課」を希望しました。

しかし
 しかし、実際に採用されたのは違う課で、希望先とは別のところで働き始めました。

意外な配属先だったため、気持ちの準備に時間がかかったことを覚えています。

そして公務員には定期的な異動が伴います。

ここで伝えたいのが「絶対にこの分野でしか働きたくない」という方には向かない可能性があることです。

逆に「多くの分野で働いて知識を広げていきたい」という方には向いていると思います。

michi
柔軟な働き方ができるかがひとつのポイントになってきます

本音④行政制度など多くの学びがあり、日々経験を積んでいる実感がある。「公務」をやりがいに変えられるかが大切

福祉職公務員
いろいろな課で働く分、幅広い知識が得られる

ここでネガティブなことが続いてしまいました。ここから前向きなことを伝えます。

福祉と行政って切っても切れない関係です。これは将来も変わっていくことはないでしょう。

ここでひとつ質問です。

「みなさんは行政制度の知識はお持ちですか?」

社会福祉法人で生活支援員をしている時は「なんとなく」としか分かりませんでした。今思うと知ろうとしなかった自分は不甲斐なかったなと感じてます。
 さて、公務員は行政の仕事です。なので強制的に行政の仕組みは覚えます。

福祉の仕事をするうえで行政サービスを使わない手はないです。何らかの相談を受ける時、使える手段をひとつでも多く知っておくのは大きなメリットになります。

そして公務員は「公務」です。「行政の一部を担って働くことができる」ということにやりがいを感じることができるかが重要になってきます。

特に福祉職は地域の方と関わる機会が多く、感謝される場面は多くあります。そこでモチベーションを保てるかが大切と感じます。

michi
行政制度は嫌でも覚えられます。公務をやりがいに感じられるか考えてみてください。

本音⑤給料は残業代もありトータルで増える

福祉職公務員
給料が増えるのはやっぱり嬉しい

上記で「やりがい、やりがい」と言いましたがそれだけでは正直辛いですよね。

ずっと「地域の人の役に立っている」というだけで仕事を続けることは難しいです。

そこでもう一つ現実的な本音を紹介します。

 給料は増える可能性が高いです。理由としては

  • 以前の経験年数を含め給与を決定してくれた
  • 残業代が支給される

などが挙げられます。

私が公務員になる前の役職は係長でした。それと比べてもトントンかそれ以上もらえています。

ちなみに公務員になった時の役職は一番下からスタートでした。

給料は勤続年数によって増えるので安定した収入に繋がり、より業務に集中できます。

michi
今の仕事で給料面で不満がある場合は検討してみてください。

【私の場合】公務員を辞める選択をしました

最後に、私の場合を紹介します。

私は福祉職公務員を辞める決断をしました。

理由は上記で紹介した本音の部分です。

  • 年功序列の風土(パワハラを受けた)
  • 時間外勤務・業務量が抱えきれなかった

などが大きな理由です。

また、転職サイト(エージェント)に相談し資格を活かした転職が可能だった点も大きかったです。

結果的に現在はフリーランスに挑戦していますが、もしダメだった場合は一般転職しようと考えています。

「公務員」は合う・合わないがハッキリしています。この記事を見ている方で

悩める社福士
  • 私に公務員には向かなそうかな
  • 現在、公務員で働いてるけど心身共に限界

という場合は一度転職のプロに相談してみることをおすすめします。

【4厳選】2021年社会福祉士おすすめの転職サイト,エージェント-福祉未経験者も-

michi
上に紹介している転職サイトは「無料」で「相談だけでもok」なサービスなのでおすすめです。

まとめ(行動

いかがでしたか。今回はけっこうぶっちゃけてしまったかもしれません。

結局のところ

公務員にもメリット・デメリットそれぞれあります。自分の生き方、ライフスタイルと照らし合わせてみて欲しい

というところに落ち着くと思います。

この記事を見て世間一般の公務員の印象と違う部分もあったかと思います。

公務員を目指そうか悩んでいる方や転職を選択肢に入れている方は参考にしていただければ幸いです。

まとめ
  • 本音①年功序列が色濃く残っている。能力ではなく勤続年数が優先される
  • 本音②定時上りは幻想。急な対応に追われることがある
  • 本音③仕事内容を選べない。数年での異動をよしとできるかがポイント
  • 本音④行政制度など多くの学びがあり、日々経験を積んでいる実感がある。「公務」をやりがいと捉えられるかが大切
  • 本音⑤給料は残業代もありトータルで増える
  • 「公務員」は合う・合わないがハッキリしている。自分はどちらか見極めよう
ご意見ご感想があればコメントまたはお問い合わせください。

社会福祉士おすすめ転職サイト

michi

こんな悩みを持っていませんか?

  • 職場の人間関係で悩んでいる・苦しんでいる
  • 見合った給料がもらえていない
  • キャリアアップしたいけど今の仕事ではできない

もしも、過去の私のように苦しんでいる方がいたら見て欲しいです。

ほんの少しの行動で人生は大きく変わります。

【脱社畜】あなたの人生を好転させるきっかけをつくる『メルマガ』

悩める社福士

  • 転職を考えてるけどいまいち踏み出せない
  • 毎日仕事と自宅の行き来を繰り返すだけの日々。
  • 将来について考える時間がない

道ネット 私生活と福祉仕事を両立させるメルマガ 読者登録フォーム





michi
ブログでは紹介しきれないことを配信しております。いつでも解除できるので気軽に登録してください。

暇な時に目を通すだけでOKな内容となっております。