【30代も間に合う】社会福祉士を活かし公務員になる方法・メリットを徹底解説

福祉職公務員
悩める社福士
  • 社会福祉士を活かして公務員になることはできるの?
  • どうやったら公務員になれるのか知りたい
  • 社会福祉士を活かした公務員の仕事先ってどんなところ?
  • 社会福祉士が公務員になった時のメリット・デメリットを知りたい
  • 公務員になったら収入はどうなるのか知りたい
社会福祉士は公務員就職に有利な資格です

理由①競争倍率が一般に比べ低い

理由②行政の福祉の需要が増えており、社会福祉士の中途採用枠が増えている

公務員は常に人気があり競争率が高く、合格まで一筋縄ではいきません。

しかし、社会福祉士の資格を活かし公務員を目指す場合は一般に受験をする場合に比べ競争率が低い傾向にあります。つまり一般の方より一歩リードしている状態といえます。

私自身、社会福祉法人で8年間勤めた後、30代で公務員試験を受け地方公務員になることができました。

この記事では
  • 社会福祉士を活かし公務員になる方法
  • 公務員になった時のメリット・デメリット
  • 社会福祉士を活かし公務員になった場合の勤め先
  • 公務員になった場合の収入

を、紹介します。

将来、公務員を視野に入れている方は参考にしてください。

※下の「コンテンツ」から読みたいことろに飛ぶことができます。

この記事の筆者について

みち

新卒でメーカー営業を1年半務めるも挫折、紆余曲折あり福祉施設に8年勤めました。その間社会福祉士を働きながら取得しています。

その後、30代で地方公務員に資格枠(社会福祉士)で採用され、後に精神保健福祉士の資格も取得しています。

現在はWEBライターをしています。

実体験を交えながら有益な情報を伝えていきます。

【こんな方へ】社会福祉士の資格を活かし公務員を目指している方は必見です

悩める社福士
  1. 社会福祉士の資格を活かして公務員ってなれるの?
  2. 公務員になるとどんなメリットがあるの?
  3. 公務員になった場合どんなところに勤めるの?
  4. 給料面はどうなの?
  5. 公務員になる方法を具体的に知りたい

【結論】社会福祉士が公務員になるにあたり必要な情報を知ることができます

  1. 社会福祉士が公務員に就職・転職するのは一般に比べかなり有利
  2. 公務員になるメリットを紹介(福祉の観点から)
    • 生活を安定させ、行政の知識を身につく
  3. 勤め先は主に地方公務員
    • 児童、老人、障がい、生活困窮者など様々な方を対象とした職場が多い
  4. 給料面
    • 他の社会福祉士の仕事に比べ高い傾向
  5. 社会福祉士が公務員になる方法
    • 準備期間が必要、自分に合った対策方法を見つけ挑戦しよう

具体的に見ていきましょう

①社会福祉士が公務員に就職・転職するのは一般に比べかなり有利

悩める社福士
社会福祉士を活かして公務員になることはできるの?
社会福祉士の資格を活かし公務員になることは可能です。

更にいうと通常に公務員試験を受験するよりも難易度は下がり合格に近いです。

順を追って解説していきます。

公務員になるには公務員試験を突破しなければなりません。公務員は人気のある職業なので競争率は高いです。

さて、公務員試験ですがいくつか募集枠が決められています。

いくつか例を挙げると

公務員募集枠の例
事務系 医療系 栄養系 教育系 技術系 福祉系

このように公務員といっても様々な職種があります。その中でも社会福祉士が関係してくる職種は福祉系の職種になります。

この福祉系の職種は他の職種に比べて倍率が低い傾向にあります。

ひとつ例を紹介します。

神奈川県 横浜市 令和元年度(2019 年度)実施結果

試験区分 受験者(人) 最終合格者(人) 最終競争率(倍)
事務 853 35 24.4
社会福祉 57 19 3.0
心理 14 3 4.7
土木 47 14 3.4
建築 25 5 5.0
機械 37 6 6.2
電気 37 3 12.3
造園 14 4 3.5
衛星監視員 38 3 12.7
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/saiyo-jinji/saiyo/saiyo-info/zyuan-panf.files/0106_20200625.pdf

どうでしょう。

多くの職種の中で社会福祉が一番競争倍率が低いことが分かると思います。競争率が低いということはそれだけ合格する確率が高くなるということです

公務員は受験資格を満たしていないと受けれません。年齢制限社会経験の有無など。各自治体によって受験資格は様々なので注意が必要です。
michi
近年、中途採用枠も増え続けチャンスが多くなっています。

年齢で公務員を諦めるのは早いかもしれません。

社会福祉士が公務員への転職は難しい?【30代、40代中途でも大丈夫】

②公務員になるメリットを紹介(福祉の観点から)

悩める社福士
公務員になるとどんなメリットがあるの?
自身の生活を安定させ、行政の知識を身につくきます

では次に社会福祉士が公務員になったらどんなメリットがあるのか紹介します。

まず、一般的に言われる公務員のメリットは以下のようにいわれています。

一般的な公務員のメリット
  1. 給料が良い・充実した福利厚生
  2. 社会的信頼を得れる
  3. 安定した生活・ワークライフバランスがとりやすい

公務員を実際に経験した身からいわせてもらうとツッコミたい部分がいくつかありますが、一般的に上のようなメリットがいわれています。

では社会福祉士の視点から見て公務員になるメリットはなんでしょう。3つ紹介したいと思います。

社会福祉士の視点から見て公務員になるメリット
  1. 給与や福祉厚生が充実しており、仕事に集中して取り組める
  2. 転職しなくても様々な場所で働け、経験を積むことができる
  3. 行政の立場から福祉と向き合い、行政の仕組みを深く知ることができる

①給料、福祉厚生が充実しており、集中して仕事に取り組める

一般的に知られている公務員のメリットと同じです。

公務員は安定して給料が入り所得面で安定します。福利厚生についても一般水準と同等かそれ以上なのでそういった意味でも安心できます。

困っている人を相談・援助するにあたり、自分自身の生活基盤は大切です。自分の生活が不安定で悩みを抱えてしまうと、他人の援助どころではなくなってしまいます。

更に福祉全体でみた場合、公務員の収入は高い方に位置します。

生活基盤が安定し、援助に集中できるということは相談援助を続けていくうえで大きなメリットになります。

michi
給料面についてはもう少し後で掘り下げています

②転職しなくても様々な場所で働くことができ、経験を積むことができる

普段働いている中で「別のことろでも働いてみたいな」と感じたことはありませんか。

これは公務員全体に当てはまることではないですが、一般に社会福祉士の資格枠で都道府県や市町村公務員になった場合、定期的に異動が伴います。

最初の配属が高齢の方を担当する課でも数年の内に異動になります。社会福祉士で採用された場合は高齢、子ども、障がいなど福祉に関する課の異動がほとんどです。

異動することのメリットは大きいです。

「飽き・マンネリ」を防ぐだけでなく「違う立ち位置に移ることで新しい気づき、発見があり相談援助に活かすことができる」点です。

異動は多くの経験を重ねられる点で大きまメリットのひとつになります。

michi
ここでは異動をメリットとして挙げてますが、異動はほぼ強制的にやってきます。

従って「今の業務をもっとやりたい」と感じる場合はデメリットになってしまう点に注意していください。

③行政の立場から福祉と向き合い、行政の仕組みを深く知ることができる

福祉の相談業務(ソーシャルワーク)をしていくうえで行政サービスは切っても切れません。必ず何かしら行政のサービスを利用することになるといっていいでしょう。

公務員になることで嫌でも行政の知識は身についていきます。上にも挙げた通り定期的に異動もあるので知識の範囲は広がっていきます。

相談援助において数多くのサービスや仕組みを知っていることは、それだけで強みになります。

michi
「公務員はつぶしがきかない」なんていわれています。しかし、社会福祉士は例外と私は考えています。公務員での経験は多くのところで需要があります。

③公務員の勤め先について

悩める社福士
公務員になった場合どんなところに勤めるの?

主に地方公務員。その中でも児童、老人、障がい、生活困窮者など様々な方を対象とした職場がある

社会福祉士を活かし公務員を目指す場合、選択肢として地方公務員が挙げられます。

地方公務員とは

公務員は国家公務員と地方公務員に分かれます。

地方公務員とは、都道府県・市町村などの地方自治体で働く公務員のこと。

日本の公務員全体の約8割以上が地方公務員です。地域に密着した存在として、時には地域住民と協働しながら地域独自のまちづくりや行政サービスを提供する。

ここでは地方公務員の勤め先の例をいくつか紹介します。

保健福祉事務所(HWC)子ども家庭課(名称は自治体によって違う)
児童相談所(児相)高齢福祉課(名称は自治体によって違う)
障害者施設障害福祉課(名称は自治体によって違う)
児童施設

これ以外にも多くの勤め先があります。マイナーなことろでいうとDV被害者を保護するジェルターや医療刑務所など。

社会福祉士が公務員として活躍する場所はたくさんあります。

michi
一年中、希望の募集先があるわけではありません。どんな募集があるのか日頃から確認し、どの時期に募集があるのか把握しておく必要があります

④給料面では他の社会福祉士の仕事に比べ高い傾向にある

悩める社福士
給料はどうなるんだろう。やっぱり安定しているのかな

続いて公務員になった場合の給料について紹介します。

メリットの部分でも伝えましたが公務員の給料は安定しており、福利厚生も一定の水準です。

公務員の平均年収は社会福祉士の平均年収と比べ上位に位置するので、今の給料より上がる可能性が高いです。

 

社会福祉士全体の平均年収318万円~550万円
公務員の平均年収504万円
詳しくはこちらhttps://michi-network.blog/koumuin-nensyu/

現在働いている方、今の収入と比べていかがでしょうか?

もし、給料面で魅力的に感じるのであれば公務員を視野に入れることをおすすめします。

公務員の給料や、他に収入を増やす方法を知りたい方はこちらをご覧ください

【社会福祉士の年収は低い?】収入面を解説【増やす方法も紹介】

⑤社会福祉士が公務員になるには準備期間が必要、自分に合った対策方法を見つけよう

悩める社福士
公務員に興味が沸いてきた!公務員になる方法を具体的に知りたい!

最後に、実際に社会福祉士の資格を活かし公務員を目指す場合、どうやって目指せばいいのか紹介します

公務員になるまでのフローチャート
  1. 計画を立てる【試験の日程は各募集によって決まっている。準備は1年以上前から始めるのがベスト】
  2. 公務員試験の案内を日々チェックする【思いがけず自分にマッチした募集が見つかることも】
  3. 対策をする【方法は様々、自分に合った対策で本番に備えよう】
  4. 試験に挑戦する【これまでの積み重ねを信じて挑もう】

公務員に対策なしでなるというのはさすがに厳しいです。計画的に対策し積み重ねることが大切です。

michi
更に詳しく知りたいという方は下の関連記事をご覧ください。実体験に沿って30代で合格できた道のりを紹介しています。

社会福祉士が公務員への転職は難しい?【30代、40代中途でも大丈夫】

まとめ

いかがでしたか、社会福祉の資格を持っている(目指している)方で公務員に興味がある方に向け記事を作成しました。

最後にまとめると

  • 社会福祉士が公務員を目指すのは他の職種に比べ難易度が低い
  • 社会福祉士が公務員になるメリットは十分ある
  • 公務員の給料、福利厚生の面では手厚く収入が上がる可能性が高い
  • ひと口に公務員といっても勤め先は様々。興味のある分野があったら調べてみよう
  • 公務員を目指すには対策は必須。自分に合ったやり方で積み重ねていこう

以上です。少しでも参考になれば幸いです。

これ以外にも「こんなことも知りたい」という意見がありましたら全力で調べて紹介します。

ご意見ご感想があればコメントまたはお問い合わせください。

社会福祉士おすすめ転職サイト

michi

こんな悩みを持っていませんか?

  • 職場の人間関係で悩んでいる・苦しんでいる
  • 見合った給料がもらえていない
  • キャリアアップしたいけど今の仕事ではできない

もしも、過去の私のように苦しんでいる方がいたら見て欲しいです。

ほんの少しの行動で人生は大きく変わります。

【脱社畜】あなたの人生を好転させるきっかけをつくる『メルマガ』

悩める社福士
・転職を考えてるけどいまいち踏み出せない

・毎日仕事と自宅の行き来を繰り返すだけの日々

・将来について考える時間がない

・人間関係(パワハラ・セクハラetc)・低給料・将来不安MAXに悩み続ける会日を脱したい

道ネット 私生活と福祉仕事を両立させるメルマガ 読者登録フォーム

michi
ブログでは紹介しきれないことを配信しております。いつでも解除できるので気軽に登録してください。

暇な時に目を通すだけでOKな内容となっております。